ブログトップ

NPO法人京都子育てネットワーク

knetcircle.exblog.jp

メンバー同士の仲が深まる親子あそび

◆京都子育てネットワーク活動報告◆    平成22年9月27日(月)・こどもみらい館

子育てサークル交流会
「メンバー同士の仲が深まる親子あそび」

参加者:8団体(大人12名・子ども13名)

今年度、第2回目のサークル交流会の報告です。

 始まるまでの時間をちょっと有効に・・・と受付後、透明の45ℓのごみ袋20枚をビニールテープで張り合わせバルーンつくりです。子ども達も集まってきて「何してるの~??」興味深々でみています。完成したバルーンは後のお楽しみに・・・
始めは、各サークルさんが活動のはじめに歌っている「はじまりの歌」や「おはようの歌」や踊り等を交えてメンバーの自己紹介をしました。♪名前名前名前、君の君の名前~聞いてみてびっくり、さぁ~どうぞ!!♪や♪1、2の3でおはよ!♪その歌知っている~と一緒に歌っている方も・・・楽しい雰囲気で始まりました。

①アイスブレイクゲーム 
「こんな事こんな事できますか?」ゲームです。親子でペアになり、みんなの顔が見えるように円になります。例えば、子どもの両脇を後ろから両手で持ち、自分の頭の上まで持ち上げながら、「こんな事、こんな事できますか?」と言います。他の方は同じ動きを「こんな事こんな事できますよ。」と言いながらします。順番に一周する頃には、「こんな動きがあったのか!!」なんて事もあり、いろんな発想で楽しみながら遊べて親子のふれあいも深まります。
じゃんけんゲームでは、なるべく初対面の人を探しながらじゃんけんをします。お互いに自己紹介をして、呼んでほしい自分の呼び名を伝えます。勝った方は、負けた方に肩もみをしてもらいます。初対面ですが、肩もみのボディータッチなので、心地よさも手伝って打ち解け合えます。

②「ドラえもんのうた」の振り付けを考えよう!!
3グループに分かれます。うたを3分割してそれぞれのパートをグループ毎に振り付けて発表しながら、お互いのパートを覚えて1曲を完成させます。

③新聞紙とビニールテープを使って風船を1分間落とさないゲーム
3クループに分かれます。新聞紙2日分と1つのビニールテープだけを渡します。各グループさんそれぞれ思考を凝らして風船を受けるものを作り上げて、さぁゲーム開始です。今回のルールは1分間風船を落とさない。風船は各クループの親子人数分です。各グループ1人は他のグループの風船を落としにいくうちわ係り。うちわは風をおこすだけ、風船には触れません。グループのチームワークも要ります。ゲームは白熱!盛り上がりました!!!

④バルーンあそび
③で使った風船を、始めに作ったバルーンに乗せてバルーン遊びです。ドラえもんのうたに合わせてバルーンを上下に動かしながら、右回りや左回りに移動します。バルーン遊びは子どもに人気です。
 お互いの気持ちを伝え合うことが大切なのは、解かっているけど初対面ではちょっと恥ずかしいし・・・は誰にでも経験ありますよね。話し合うきっかけ作りにゲームは楽しいしわくわくします。楽しみながらお互いの気持ちを伝え合う仲間との時間を大切にしたいです。 (武部あゆみ)
[PR]
by kk-circle | 2010-12-30 21:49 | 各種イベント
<< サークル活動のお役立ち情報・遊... 実践ハンドブックを体感してみよ... >>