ブログトップ

NPO法人京都子育てネットワーク

knetcircle.exblog.jp

<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第4回 子育てサークル交流会 ミニ発表会(全労済助成金事業)

京都子育てネットワーク活動報告
平成21年2月3日(火)ひと・まち交流館京都
    
第4回 子育てサークル交流会 ミニ発表会(全労済助成金事業)


 9団体25名のメンバーさんが、サークルで遊べるいろいろな物を持ち寄り、ミニ発表会を行いました。
 トップバッターの「京都南この本だいすきの会(ぴよぴよ文庫)」さんの、“食いしん坊のゴリラ”のパネルシアターで、子ども達の目はクギ付け。紙芝居でも子ども達の気持ちを引き付けます。声の出し方、間のとり方、少し工夫する事で、絵本が100倍魅力的に大変身。

 「きっずな~」さんは、大きな輪になって♪手をたたきましょ♪の音楽に合わせて手をたたいたり足を鳴らしたり。おおかみから逃げる遊び“おおかみさん”の時には親子一緒になって「キャーキャー」。昔ながらの童謡のやさしい旋律に心もゆったり出来ました。

 「たんぽぽひろば」さんは、始める時の歌3曲を披露。毎回歌うので、いつの間にか子どもも覚えていくのでしょうね。ネットワークの代表藤本がサークルを立ち上げた当初から歌い継がれているそうで、ふと何組の親子が歌ってきたのかなぁと想像してしまいました。

「ママ・ちゃいるど大原野」さんは、新聞紙を使っての遊び。いくつかに切って“パズル”を作りつなぎ合わる競争をしました。横長につなげた新聞紙を丸めてはさみを入れるとフサフサのツリーになり、子どもだけでなくお母さんも大喜び。

  「ぼちぼち。」さんは、毎回必ずしているおはようの歌♪手をたたこう♪を披露。“足踏みしよう”、“こちょこちょしよう”と同じ歌でいろいろなバージョンを作っておくと楽しさも倍増しますね。

 「まるこくらぶ」さんは3日の節分に合わせて節分にまつわる紙芝居をして見せて下さいました。いつもの紙芝居も季節を感じられるものを選ぶ事で、子ども達にも季節の移り変わりが自然に伝わっていくのでしょうね。

 「あそぼっぽ」さんは、メンバーが持ち寄った布でみんなで作った5m四方のバルーン。歌に合わせて上げたり下げたりしながら回っていくと、子ども大人も「わ~っ!」。中に入るとフワフワなんだか楽しい気分になりました。
 「なかよしポッケ」さんはお手製の紙袋で作った節分の鬼を披露。リアルな鬼とかわいらしい鬼。リアルな鬼はどうも怖すぎて子どもには不評だったそうです。でも、かぶらせてもらうとつい、「うぉ~!」とおどかしたくなりました。

「さがどんぐりクラブ」さんは、野菜を使ったパネルシアター。♪やおやのお店に並んだ品物見てごらん♪の歌に合わせて、子ども達もそれぞれ野菜を持ってパネルに貼ってお手伝い。色とりどりの野菜が並んで、子ども達も大興奮。
                   
普段とは違ったメンバーと、でも、同じ子育て中でサークルに参加したり開催したりしている参加者同士、お互いのサークルの楽しみを分けて頂け楽しい時間が過ごせました。今後も、いろいろなサークルさんと出会えればいいなぁとしみじみ思いました。  
 (山元 恵)
c0207611_22115191.gif

[PR]
by kk-circle | 2009-02-03 22:08 | グループ交流会