ブログトップ

NPO法人京都子育てネットワーク

knetcircle.exblog.jp

<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

子育てスクール5日目

本日スクール5日目は、
わらべうたと、えほんのチカラ
(講師:この本だいすきの会 岡田典子)でした。
まずは、赤ちゃんの手を優しくにぎって、
「くるくるとんとん♪」で
ご挨拶です。手と手をトントンに始まり、
いろんな場所にトントンしていきます。
最後は赤ちゃんの頭にトントン…
0歳児の手は届きませんね(笑)
c0207611_1559627.jpg

c0207611_15591374.jpg

わらべうたは、日本の子育ての中で
口伝えで受け継がれてきたうたです。
地域によって少し違ったり、
子どもが早く数を数える
(だるまさんがころんだってありましたね!)
知恵だったり、体を動かして発達を促したり・・・
大好きなお母さんの声と言葉、
楽しい時間を共有する中で、
豊かな感情や想像力やコミュニケーションの力が
ついていくそうです。

今日は、ママと赤ちゃんがいっぱい触れ合いながら
豊かな時間を過ごしていました。
また、ママは「子どもの頃、これしてたな~」
なんて幼かった自分を思い出すひと時にも
なったのではないでしょうか?
みんなが思いだしたように、
きっと赤ちゃんたちも、
いつか母の膝の温かさや、
心地よい声を思いだす日が来るのでしょうね。

[PR]
by kk-circle | 2014-11-27 16:01

10月コース4回目

本日は、みなさんお待ちかねのベビーサイン(び~んずベビー松岡ゆうこ)でした。最近、よく耳にするようになったベビーサイン。「赤ちゃんが何か伝えてくれる」くらいの認識でした…が、実はもっと深ーい意味があったのです!ベビーサインをすることで親子の絆が深まるそうなんです!ベビーサインを教えるときには、必ずママが赤ちゃんの目をみて話しかけながら教えますよね。この行為が赤ちゃんにとっても良い影響を与え、また、ママは赤ちゃんをよく見るようになるので母力をあげることが出来るんですって。

そして、赤ちゃんが「泣く」以外の方法で何かを「伝えたい→伝わった!→嬉しい」と成功体験を経験をしていくと、コミュニケーション力がついていき、言葉を話せるようになってからは、伝える力が伸びていくとのこと。

今日は、みんなが知っている♪げんこつやまのたぬきさん♪の歌に合わせてベビーサインをやってみました。おっっ、意外と日常生活でやっていた仕草ではないですか!実は、バイバイなんかもベビーサインだそう。なんだか、少し敷居が低くなったような気がしますね。無理に覚えさせようとする必要はないのだそうです。お母さんとの時間が楽しい~の延長線上にベビーサインを覚えてたという感じでよいそうですよ。
c0207611_238485.jpg

楽しく遊びながらベビーサインを体験した後は、ベビーサインで会話している赤ちゃんのビデオを見せてもらいました。サインの出し方が早い!が、ママもさすが!見逃さないので、スムーズに次の行動に移っていきます。「オモチャはもうおしまい。お友だちと遊ぶ」と赤ちゃんがサインをします。ママが、「じゃあ片づけようね~」という具合です。

ということで、最後に赤ちゃん体験ゲームを2人組になってしてみました。ママ役と赤ちゃん役に分かれます。赤ちゃん役には、こっそりと何やらかいてある紙が見せられます。それを、言葉を使わずにママ役の人に2分以内に伝えなければなりません。赤ちゃん役のみんな、一生懸命に手を動かしますが、何をしているのか全く分からない(笑)
c0207611_2395890.jpg

答えは「パパと一緒にお風呂に入りたい」でした。確かに…パパってジェスチャーでどうしらいいの??難しい。。。ベビーサインがあれば、スムーズですね。

そして、こんな思いを赤ちゃんにベビーサインで伝えられたら…
パパもメロメロになりますね❤

(Fa 澤淳子)

[PR]
by kk-circle | 2014-11-07 23:09