ブログトップ

NPO法人京都子育てネットワーク

knetcircle.exblog.jp

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【2015助け隊研修会報告】

c0207611_12164963.jpg
【2015助け隊研修会報告】

平成27年5月24日(日)10時~15時【コミュニティベースふかふか家】にて、「助け隊研修会】を開催しました。2回目、3回目の参加の方もおられましたが、6名の方が受講されました。

 京ネットでは、子育て中に学んだことを、他の子育て中の方にも伝えたいと思って、講師となって活躍しているママ講師に【助け隊】に登録して頂いて、京ネットの一員として、活躍頂いています。
 講師としてのスキルアップのために、毎年、研修会を行っています。今回の様子を、皆様にも知って頂き、安心して、京ネットの【助け隊】を利用して頂けたらと思います。


午前中まず最初に、自己紹介を一人ずつして頂きました。2分で、なぜこの講師をしているのか、どのような活動をしたいのかを入れて話して頂きましたが、皆さん、上手くまとめて自己紹介ができていました。

 そして、京ネットの理念・循環型の子育て総合支援のことを知って頂き、また、京ネットの組織図を見ながら助け隊が京ネットの中でどのような立場にあり、どのような役割を担っているのかを、理解して頂きました。

 次に、テキスト(京ネットのスタッフが、時間をかけて編集して作成したファシリテータのハンドブック)を見ながら、9年前と今の子育て環境の変化と実状について学び、2グループに分かれて、自分の活動の中で出会った参加者の様子や気づいたことを話し合って頂きました。安心して出かけられる場、安心できる仲間が必要であることに改めて気づかれました。

 それから、グルーブづくりの過程の中での、ファシリテータの関わり方と参加者の気持ちの変化やグループの成長について学び、これまでの各自の経験を思い出しながら振り返り、みんなで気づいたことや思い出したことを共有しました。

 その後、「プログラムの立て方」や「アイスブレイク」の大切さについて学び、プログラムのアウトラインについて聞いてから、実際にプログラム(受け入れ、アイスブレイク、講座)をどのようにするのか考え、ワークシートに記入して、昼休みとなりました。

 午後から引き続き、昨年度の子育てスクール3コースの「アイスブレイクの一覧表」を見ながら、アイスブレイクの必要性や、ファシリテータの関わり方の工夫について聞き、実際に次回の子育てスクールでやることを想定して、レクチャーして頂きました。

 また、一人5分の持ち時間で、自己紹介と講座の主部を、実際に皆の前で一人ずつやっていただき、気づいたことを共有しました。伝えたいことを一生懸命伝えようとされ、時間を少しオーバーする場面もありましたが、本日の講座で学んだことを理解して、上手くレクチャーされていました。
人のを見ることで気づきもあり、考えていたことを変更したり、よく考えて組み立てておられました。

休日でしたが、朝から長時間の講座に、真剣に参加して頂けました。お子さんを保育してもらったり、ご主人にお願いして、また、仕事を調整して参加頂いた方もありましたが、ファシリテータとしてのスキルアップを目指して、とても有意義な研修となったことと思います。

 最後に修了証をお渡しした際の嬉しそうな笑顔が印象的でした。

 本日修了された方には、京ネットのアドバイザーとして、サークルやサロンなどにも行っていただく機会もあります。ご自身の個人的な活動とは違って、京ネットの一員としても力を発揮して頂けることと、楽しみにしています。

 このような研修を受けている、【助け隊】を、たくさんの方に利用して頂けたらと思います。

 今回、都合がつかなかった講師の方にも、次回は是非、積極的に、ご参加頂けたらと思います。


(仲間づくり応援事業チームリーダー 岡田典子)
c0207611_12165722.jpg
c0207611_1217565.jpg
c0207611_12171276.jpg

[PR]
by kk-circle | 2015-05-29 12:17

015委嘱事業報告(人づくり・京都はぐくみ憲章)①

2015委嘱事業報告(人づくり・京都はぐくみ憲章)①

【会議】
出席:4月20日(京都市子どもを共に育む京都市民憲章実践推進協議会)
出席予定:6月19日(人づくり21世紀委員会幹事会)


【はぐくみの木植樹式&憲章啓発及び募金活動】
 平成27年5月23日9時半~11時、良く晴れて暑い中、京都市動物園内での、上記事業に参加してきました。
ふれあい広場前に【はなみずき】が、門川市長と市内の子どもたちによる共同作業で植樹されました。
横には【京都はぐくみ憲章記念プレート】も設置されました。

 式が終わると、園内分かれて啓発活動をしました。ラオスから贈られた4頭の象への恩返しとして、ラオスの子どもたちのために学校を建てようと、京都市で募金がスタートしました。「また・・・」と横目で見ながら素通りされる方もおられたのですが、小さなお子さんの手でチャリンチャリンと入れてくださる家族も多く、気持ちが温かかったです。
一校建てるのに500万円かかるそうです。PTAでも募金が始まっているようです。どこかで、見かけられたら、皆さまも、像を見る京都の子どものように、学校に行くラオスの子どもたちの笑顔を想像しながら、募金にご協力頂けたらと思います。

 10年以上行っていなかった動物園に、久しぶりに行って、変化にビックリしました。既に行かれた方もおられると思いますが、きれいで見やすくなり、象だけでなく、キリンも増えていて、広い敷地をゆったりと動き回っていました。動物たちを上から下から、いろんな角度で見ることができて、いろんな観察ができるようになっていました。我が子たちが好きだった猿山は、とても小さく感じてしまいました。
 全部は見れなかったので、今度、ゆっくり回ろうと思います。

 皆さまも動物園に行かれたら、是非、【はぐくみの木とプレート】も見てきて頂けたらと思います。

(担当:岡田典子)



c0207611_12144824.jpg
c0207611_12145760.jpg
c0207611_1215584.jpg
c0207611_12151249.jpg
c0207611_12152086.jpg

[PR]
by kk-circle | 2015-05-29 12:15