ブログトップ

NPO法人京都子育てネットワーク

knetcircle.exblog.jp

2014年度第2回子育てサークル交流会の報告

2014年度第2回子育てサークル交流会の報告

 2015年2月26日(木)、唐橋児童館をお借りして、今年度2回目の子育てサークル交流会を開催しました。

 西京区(なかよしぽっけ)、南区(まんまるみなみん・キラキラママ・ぷちみなみん)、東山区(ひなたぼっこ)から11名と、唐橋児童館利用者1名の合計12名が集まりました。
交通の便がよく、コインパーキングが多かったこともあり、今まで参加しにくかった南部のサークルからの参加が多かったようです。

 ママは1階、京ネット保育チームによる保育は2階での開催でした
今回の内容は、サークルでのおしゃべりタイムの進め方のコツを、ワークシートを使って体験しながら学ぶもので、京都市親支援プログラム「ほっこり子育てひろば」をしました。講師は、プログラム支援者でもあり、永年京ネットのスタッフでもある松本真由美さんにお願いしました

 サークルメンバーはバラバラに、1グループ3人1組で座り、まずは、安心しておしゃべりをするために
 ・一人一人が主役です
 ・お互いの意見を尊重します
 ・ここだけの話にします
の3つの約束を確認しました
 
 アイスブレイクを兼ねて、3人でじゃんけんで話す順番を決めて、自分の名前の由来を紹介し合いました。そうすることで、打ち解けて、笑顔がこぼれていました。

 おしゃべりでは、順に話す人・記入して伝える人を交替して、進めました。子どもの生まれた時の事や、日々の生活で感じていることを一人ずつ話して、他の人はうなずきながら聞いて、記入担当した人が、他のグループの人に書いたことを伝えて、共有しました。

 ワークが終わると、子どもを迎えに行き、ランチ交流会をしました
 食べながら、各サークルの活動紹介をし、お互いに聞きたいことを次々に聞き合い、教え合って、アッと言う間に時間が経ってしまいました。また、12人の一体感が生まれていて、お互いのサークルに誘い合い、行ってみたいねと、声を掛け合っていました。

 ただ、自由におしゃべりするだけではなくて、安心にしゃべれるルール、うなずいて聞く、皆が話せるなどのポイントを押さえるだけで、いつもと違った時間になるんですね。
 【アンケートから】
 ・違うサークルの方とグループになれて良かった
 ・サークルの内部事情をいろいろ知れて良かった
 ・保育があったので楽しく過ごせた
 ・とても充実した時間だったので、また機会があれば参加したい
 ・やる前からできないと決めつけないで、できそうなことから実践してみたいと思った
 ・他のサークルの方の話を聞いて参考になった
 ・フリートークをしているが、なかなかこんな風に丁寧にできていなかったので、おし
 ゃべりの進め方が勉強になった
 ・絵本を見て、いのちのつながりについて初めて気づいた
 ・子育てで悩んでいることが、みんな一緒だとわかって、気持ちが楽になった
 ・他のサークルの「活動の記録ファイル」を真似たいと思った

 また、次年度も開催したいと思いますので、次回は、もっとたくさんの方の参加をお待ちしています

2014年度サークル交流会担当 岡田典子
 

 
c0207611_21235679.jpg

 

c0207611_2124727.jpg
c0207611_21241989.jpg
c0207611_21243277.jpg
c0207611_21244098.jpg

[PR]
by kk-circle | 2015-03-04 21:24
<< 京都子育てスクール2月スクール 2015 京都子育てスクール2... >>